口唇ヘルペス(単純ヘルペスウイルス1型感染症)

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 唇やその周りの一部に小さな水泡が出るときがある。
  • 水泡ができる前に、口の周りの一部が赤く腫れることがある。
  • かぜをひいた時や、疲れている時に水泡ができやすい。
  • 唇、または唇の周辺にチクチク、ピリピリといった違和感を感じることがある。
  • 日差しを浴びた後に水泡ができやすい。

※1つでも当てはまる場合、口唇ヘルペスの可能性があります。

原因

ヘルペスとは、皮膚や粘膜にヘルペスウイルスの感染によって、ウイルスが作る小さな水ぶくれが発生した状態のことです。
一度ヘルペスウイルスに感染してしまうと、現代の医学では体内から追い出すことはできず、治った後もウイルスが神経節の中に潜伏し、免疫力が落ちたときなどに再発します。
人に感染するヘルペスウイルスは8種類あり、唇とその周辺に水泡を発生させるのは単純ヘルペスウイルス1型です。単純ヘルペスウイルスに初めて感染した際には全身の粘膜のどこにでも発生しますが、二回目以降は種類によって出る場所が違います。

● 1型 …
上半身に水泡を発生させる。口唇・角膜ヘルペス、カポジ水痘様発疹症
● 2型 …
下半身に水泡を発生させる。性器ヘルペス
● 3型 …
水痘・帯状疱疹ウイルス。帯状疱疹や、それに伴う肋間神経痛などを発生させる。
口唇ヘルペスの原因

当院での治療

口唇ヘルペスに対してはレーザー治療が非常に即効性があります。ヘルペスウイルスは熱に弱い特性があるので、水泡が発生している患部にレーザーを用いて熱刺激を加えてやることにより、2~3回の照射で患部の炎症が引き、かさぶたになり治癒します。ヘルペスに対しては塗り薬を用いることが多いですが、水泡が発生してからでないと使えないのと、かさぶたになるまで一週間程度は時間が必要となり、女性の場合、外見上どうしても目立ってしまいます。レーザー治療の場合は、水泡が発生する前の前兆症状(チクチク、ピリピリの違和感)の時点で治療を開始することが出来ます。

※治療の詳細について
・治療費は一回500円(初回は初診料+500円)
・レーザーは少し熱いぐらいで苦痛を伴う治療ではありません。
・初回は問診含め治療時間は10分程度で、レーザー以外の治療は行いません。
・予約なし飛び込みでも対応できます。
・薬を塗ったままでも、レーザー照射は可能です。
・リピーターが何人もおられます。