糖尿病のこんな症状でお困りではないですか?

  • 糖尿病性腎症・糖尿病性神経症等の合併症が出始めた
  • HbA1cの値が高い数値のまま長期間が経過している
  • 医師の指導で運動や食事管理をしているが一向に改善がみられない
  • インスリン注射を医師にすすめられた
  • 血圧が下がらない
  • 薬の量が増える一方だ

病院の治療では糖尿病は良くなりません

血糖値というのは、膵臓の「β細胞」から分泌されるインスリンによって低下します。β細胞というのは、自身によって分泌されたインスリン(ヒトインスリン)によって、さらに増殖していきます。
糖尿病というのは、結果として「β細胞が破壊され、インスリン分泌が出来なくなる」疾患です。

主に病院で行う糖尿病の治療

「数少ないβ細胞から分泌されるインスリンで対処できるような食事管理」
食事管理は、残存しているβ細胞から分泌される少ないインスリンで補える食事量に抑えて、血糖値が高くなりすぎないように調整しているだけで、治療とは呼べません。
「経口血糖降下薬の処方」(いずれもβ細胞からのインスリン分泌を促進します、つまりβ細胞が減ってしまうと効かなくなります)
経口薬は、残存しているβ細胞を酷使して、インスリン分泌を促すものですので、β細胞は次第に弱っていき死滅します。
「β細胞が死滅し、インスリン分泌が正常にされなくなった場合には人工的なインスリンの注射」(インンスリンアナログ)
人工的なインスリン(インスリンアナログ)の注射は、血糖値は下がりますが、純粋なインスリン(ヒトインスリン)と違い、β細胞の増殖はほぼ行われません。ですので、運動・食事療法で血糖がコントロールできない場合には、インスリンを分泌するβ細胞が存在しないため、一生打ち続けなければいけません。

糖尿病に対して鍼灸治療が有効な理由

上記で述べたように、膵臓のβ細胞が破壊されるヒトインスリンが分泌されなくなり、β細胞の増殖が停止してしまい、糖尿病が進行していく悪循環が生じます。

つまり、本当に糖尿病を治そうと考えた場合、「ヒトインスリンの分泌を促し、β細胞の増殖を促す」必要があるということです。

医学書院から出版されている鍼灸医学の本に「マウスの糖尿病に対する鍼灸治療」の記述があり、「アロキサン」というβ細胞を破壊する薬物をマウスに投与し、実験的に糖尿病を発生させ、一方のマウスは「アロキサン投与のみ」、もう一方は「アロキサン投与に合わせて鍼灸治療を行う」というものです。

アロキサン投与のみのマウスのβ細胞は完全に破壊されて糖尿病を発症してしまいましたが、鍼灸治療を行ったマウスのβ細胞に関しては全く正常でした。
つまり、アロキサン投与によってβ細胞は破壊されたが、鍼灸治療によってマウス本来のβ細胞の増殖が行われたということが証明されております。

糖尿病(Ⅱ型糖尿病、インスリン非依存型糖尿病によるもの)

原因

Ⅱ型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)は「インスリンの感受性の低下」「インスリン分泌低下」の2つを原因とする糖尿病です。一般的に「生活習慣が悪かったので糖尿病を発症した」というのは、Ⅱ型糖尿病を指します。Ⅱ型糖尿病は成人以降、特に中年以降に発症することが非常に多いです。遺伝的要因も大きく関係し、日常生活での「運動不足」「睡眠不足」「食べ過ぎ」「飲み過ぎ」などの生活習慣も関わってくる為に生活習慣病とも言われております。

❶ インスリンの感受性の低下
インスリンが分泌されると、血中にあるブドウ糖を、筋肉や肝臓の細胞が取り込み、貯蔵する働きが発生することによって血糖値が下がります。ですが、普段の生活で血糖値が急激に上昇するような食生活や、運動不足が続くと、食後に血糖が上昇した際にインスリンが正常に分泌されているにもかかわらず、ブドウ糖を筋肉や肝臓の細胞が取り込んでくれなくなります。(これを、インスリンの受性低下といいます。)結果、取り込まれなかったブドウ糖が血中に浮遊することにより、血糖値の上昇が発生します。
❷ インスリンの分泌低下
インスリンの感受性の低下が発生すると、血糖値が上昇したままになるので、β細胞は頑張ってインスリンを分泌しようとします。このような状態が長く続いてくると、β細胞は疲弊し、やがて死滅していきます。結果、β細胞が減少してしまうことによりインスリンの分泌低下が発生します。

糖尿病の定義

○ 空腹時血糖値
正常値70~109mg/dl以下
○ HbA1c(グリコヘモグロビンA1c)
正常値 4.3~5.8%以下(JDS値)
6.0%以下…心疾患予防レベル
6.5%以下…眼科疾患予防レベル

特長と症状
  • のどが渇きやすく、水分を多く摂取し、尿の量が異常に多い
  • 体が疲れやすい
  • 食欲が異常に強い(急性期)
  • 食欲はあるが痩せてくる(慢性期)
  • 性欲が低下する

糖尿病の自覚症状
糖尿病の自覚症状

● 糖尿病による合併症
  • 糖尿病性腎症…毎年13,000人増加しており、人工透析の理由で最多となっております。
  • 糖尿病性網膜症…成人失明の理由で最多となっております。
  • 糖尿病性神経障害…手足のしびれ、進行すると知覚に異常が生じます。
  • 糖尿病性血管障害…動脈硬化が進行し、脳梗塞・脳出血・心筋梗塞・糖尿病性壊疽(足の切断)のリスクとなります。
  • 糖尿病性昏睡(ケトアシドーシス)…糖尿により「ケトン体」が血液中に増加した結果、意識障害を生じます。
当院での治療
シュガーポイント

空腹時血糖値・HbA1cは、お灸治療で数値を下げることができます。これは、お灸治療によりβ細胞の増殖が促され、インスリン分泌が増加するためです。

これは当院に限ったことではなく、多くの糖尿病患者様が鍼灸院を訪れ、灸治療による血糖値の改善効果を実感しています。「糖尿病に対して鍼灸治療が有効な理由」の項目でお話しした通り、動物実験で鍼灸治療を施したマウスで、β細胞の増殖が行われ、インスリン分泌を促したという論文にて証明されております。病院での治療は主に食事管理や運動の指導(肥満治療)であるので、数値に反映されるまでに時間が非常にかかりますが、お灸による治療は、治療開始から一ヶ月程度で血液検査にて変化を確認して頂けます。

糖尿病の患者様の背中には「シュガーポイント」と呼ばれる反応点があり、ここを押してやると非常に痛がります。

週一~三回、一ヶ月程度、シュガーポイントへのお灸治療を続けて頂くと、今まで病院の治療で変化のなかったHbA1cの数値、空腹時血糖値が低下していきます。糖尿病はどこかが痛いというものではないので、病院での検査数値を治療効果の判定にしております。「血糖値が正常値まで下がりました」「インスリンを打たなくて良くなった」など患者様から感動の声を頂いております。

※治療の詳細について
・治療は一回1000円(別途初診料+500円)、他の治療と一緒に行う場合は治療費+700円
・治療対象はⅡ型糖尿病を対象にしております。
・治療時間は5分程度で、灸は少しチカッとするぐらいできつい治療ではございません。
・性別年齢を問いません。
・HbA1c・空腹時の血糖の数値、糖尿病合併症の有無等により週一回~三回までの間隔を決めます。
・治療開始から一ヶ月程度で、検査数値にて効果を実感して頂けます。

● 当院の糖尿病の治療成績一例

最近の症例の中で、当院で糖尿病による空腹時血糖値、HbA1cの数値が改善されたHさんの治療経過を紹介します。

治療開始前のデータ

治療開始前

治療三カ月目のデータ

治療三カ月目