蓄膿症(副鼻腔炎)・鼻づまり

こんな症状でお困りではありませんか?

  • いつも鼻がつまる
  • 鼻水がのどに張り付く感じがする
    (粘り気のある鼻水がのどに流れて起こります)
  • 鼻で呼吸がしにくいため、口呼吸になっている
  • 鼻をかむとネバネバした鼻水になっている
  • 慢性的に眉間(みけん)や目の奥が重く痛むことがある
  • 鼻の調子が悪いとだるくなり、集中力がなくなってしまう

※このような風邪と似た症状が3ヶ月以上続く場合、
慢性副鼻腔炎の可能性があります。

蓄膿症(副鼻腔炎)・鼻づまりの特長と症状

原因

副鼻腔炎とは、鼻の周囲にある空洞(副鼻腔)の内側を覆う粘膜に炎症が発生して長く続いているものです。粘膜の炎症の原因としては、ウイルスや細菌によるものとアレルギーによるものの二通りがあります。副鼻腔は小さな孔で鼻の中と直接繋がっているため、炎症により孔が塞がれると、中に膿が溜まりやすくなり発症することがあります。このため、かつては「蓄膿症」と呼ばれていました。

蓄膿症(副鼻腔炎)・鼻づまりの原因

当院での治療

当院の服鼻腔炎の治療では鍼灸は用いません。
スーパーライザーを鼻づまりを解消させるツボである「上星」近辺に照射するだけの治療で副鼻腔に溜まった膿が排出され、副鼻腔炎の様々な症状が楽になります。週一回~二回の照射を一ヶ月程度続けて頂くと、副鼻腔炎の様々な症状の改善と鼻づまり感がほとんど無くなってきます。

治療の様子

※治療の詳細について
・治療は一回1,000円(別途初診料+500円)、他の治療と一緒に行う場合は治療費+500円
・治療時間は5分程度です。
・刺激の少ない治療法なので、お子様でも受けて頂けます。
・副鼻腔炎が原因でない鼻づまりにも非常に有効です。