膝関節の靭帯損傷

● 膝関節の靭帯について

膝の靭帯は、関節の前と後ろ、内側、外側に、それぞれ前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯の四本が存在し、膝を安定させるだけでなく、動きを制御する働きがあります。

● 前十字靭帯(ACL) …
運動の際に脛骨が前に飛び出したり、ぐらついたりしないよう「ストッパー」として働く。
● 後十字靭帯(PCL) …
運動の際に脛骨が後ろに飛び出したり、ぐらついたりしないよう「ストッパー」として働く。
● 内側側副靭帯(MCL) …
もっとも損傷が多い靭帯であり、膝が外側にぶれないように抑える働き。
● 外側側副靭帯(LCL) …
膝が内側にぶれないように抑える働き。
膝(正面図)

原因

靭帯が損傷する主な原因は、スポーツや交通事故など、膝に大きな力が加わることによるケガです。
外反にひねれば内側側副靭帯が、内反にひねれば外側側副靭帯が、膝を強打したり、ねじるなどの力が加わると前十字靭帯が損傷しやすく、膝を前方から打撲した際の後方への力では後十字靭帯が損傷しやすくなります。

特長と症状
● 前十字靭帯(ACL)
  • 膝くずれ(歩いているときに、突然ガクッと膝が曲がる)
  • 膝に不安定感がある
● 後十字靭帯(PCL)
  • 膝くずれ(ダッシュやジャンプの着地で膝の力が抜ける)
  • 膝に不安感がある
  • 膝蓋骨(おさら)の周囲に痛みがある
● 内側側副靭帯(MCL)
  • 外傷後、膝の内側が痛い
  • 膝に不安定感がある
● 外側側副靭帯(LCL)
  • 外傷後、膝の外側が痛い
  • 膝に不安定感がある

当院での治療

膝の靭帯を損傷した場合、ただ安静にすれば良くなるかといえばそういうわけではありません。損傷したのは靭帯であっても痛みの原因が100%靭帯の損傷からきているわけではないからです。他の部位のケガでも共通で、膝の靭帯損傷でも『筋肉』は痛みの大きな役割を占めています。靭帯を損傷した際にひざの周りの筋肉も同時に痛めてしまい、痛みを助長している場合がほとんどです。
靭帯損傷に、鍼治療は有効ですか?との質問をよく受けますが、靭帯損傷に対して、鍼治療はとても有効です。靭帯そのものに鍼を刺す場合もありますが、上記で説明した、痛みの原因となっている筋肉に刺す症例が非常に多く、ほとんどの方が痛みが改善するのを体感して頂いております。(4つの靭帯損傷のうち、内・外側側副靭帯に対して刺鍼可能です)

膝の半月板損傷、内・外側側副靭帯・十字靭帯がMRI検査等で明らかに損傷している場合は手術が必要となる場合があります。手術にしても、保存療法の固定にしても患部が安定してきたら、リハビリが始まります。当院では膝の機能を回復させるのにはこのリハビリが最も重要だと考えております。
一般的な整形外科では、リハビリと言っても、電気当てて、温める程度のリハビリが多く膝の機能を取り戻すリハビリとしては不十分な事が多いようです。
当院は、スポーツ障害専門の運動機能訓練施設も併設しており(2017年に開設予定)、トレーナー活動で養った専門知識を持って、適切なリハビリを患者様にご提供いたします。
また、当院では世界の一流スポーツ選手が用いる治療器具も完備しており、他の病院、整骨院よりも優れたリハビリが出来ると自負しております。