足のしびれについて

腰椎(腰)の障害によるもの

下記のような症状が原因となります。

筋肉・靭帯による神経の圧迫によるもの

ハンター管症候群

太ももの内側を走る神経である伏在神経は内転筋管(ハンター管)と呼ばれる筋肉で構成される管を通り、足の下の方へと降りていきます。ハンター管症候群とはハンター管を構成する内転筋の緊張により伏在神経が圧迫され膝からふくらはぎにかけてしびれが発生するものです。

ハンター管症候群

足根管症候群

足根管症候群とは手でいうところの手根管症候群に似ていて、足にあるトンネルの中を通る神経が圧迫されて起きる疾患です。ふくらはぎから足関節の方へ向かって下りてきた後脛骨神経は、足関節の内くるぶしの付近で枝分かれをして、足の裏の感覚をつかさどります。
足関節の内くるぶし付近では、屈筋支帯により構成される足根管というトンネルが存在して、後脛骨神経がその中を通ります。そこで圧迫を受けると、足の裏がしびれるというのが足根管症候群の症状です。

足根管症候群

モートン病

足の裏のしびれ感や痛みの中で、多く見られるのが「モートン病」です。靴が原因であることが多く、足の裏の先端に繰り返される衝撃があると、指の骨と骨の間にある滑液包と呼ばれるクッションに炎症が起こって、指神経が圧迫されて指がしびれる症状が出てきます。
モートン病の症状は、右の図の赤い×印のところをおさえると痛み、オレンジ色の部分がしびれたり、感覚が鈍くなっています。特徴としては第3趾と第4趾の間または、第2趾と第3趾の間に発生しやすく2本の趾にまたがってしびれが出てきます。

モートン病

当院での治療

手のしびれの治療と同様に筋肉・靭帯の緊張による神経の圧迫で起こるしびれであれば、その緊張を取ってやればしびれは軽減・消失します。

治療の様子