セーバー病(シーバー病、踵の痛み、かかとの痛み)

原因

10歳前後の成長期の踵(かかと)の骨は、大人の骨と違い、まだ完全に骨化しておらず、骨よりもやわらかい軟骨組織で出来ています。そのため、バスケットボールやバレーボールなどのスポーツなどで、繰り返しジャンプの着地を繰り返したりすることにより、踵部分にアキレス腱による大きな引っ張りの力が加わることで軟骨が痛みます。
また、長距離走・ランニングなどでも、靴のサイズが自分の足にフィットしていなかったり、スパイクシューズを履く機会が多かったり、アスファルト路面を走り続けたりした場合は、踵へ衝撃によるストレスが継続的に加わることと、踵に付着する足底腱膜も緊張して軟骨を引っ張るため、軟骨が炎症を起こし痛み出します。

セーバー病の原因

特長と症状
  • ジャンプすると踵に痛みが出る
  • 歩くのは大丈夫だが、走ると踵に痛みが出る
  • 踵を押さえると痛い

当院での治療

セイバー病の治療は比較的容易です。アキレス腱の大元の筋肉である下腿三頭筋の緊張を取ることも、引っ張りの力を軽減させる意味でもちろん重要ですが、下腿三頭筋の位置が外側にズレることで、踵への引っ張りの力が増している事が多いので、下腿三頭筋の位置を内側にもっていくように補正する調整を行う事で、踵の痛みが大分楽になります。また、下腿三頭筋の調節後に当院独自のバンデージ装具を装着することにより、踵への引っ張りの力を軽減し、再発の予防をするとともに、ほとんど痛みなく運動をすることができます。